タラの芽は採れば採るほどよく採れる

タラの芽

ちょっとかわいそうだが、早めに先端の芽を採ると、脇から何本の芽が出てくる

わが家の庭(といっても散居村だから、敷地は600坪もある)の隅に、タラの木が何本かある。四国に嫁いだ妹が30年ほど前に苗を送ってくれたのが、次第に増えた。

春になると芽を天ぷらにして楽しんでいたのだが、特に手を掛けていなかったので、背丈ばかり高くなって、あまり量は採れなくなった。
ということで、栽培方法などをいろいろ調べ、一昨年からきちんと剪定をしてみた。

タラの木は大変生命力が強く、枯らさなければ、芽は採れば採るほど、よく採れるようになるらしい。
こつは概ね芽を採り終えた5月ごろ、下から2、3芽を残してバッサリ切ってしまうこと。次の年は枝分かれしてさらに多くの芽が付く。

写真は、先端の一番芽を意識的に早めに採った枝。10日ほどたつと、芽がいくつも出てきた。これもみんないただいて、ずっと下でバッサリ。来年の春がまた楽しみだ。
 
 
 
テープ起こし・編集のお問い合わせ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)