春をいただく

掘り出したウド

掘り出したウド

タラの芽が次第にたくさん採れるようになると、わが家はそろそろウドの季節。
散居村のカイニョ(屋敷林)は、もともと開墾前の雑木林が残されたものといわれており、家の敷地はやたら広い。だから裏庭ともなるとジャングルのようで、さまざまな草木が植えられて(勝手に生えて)いる。
ウドもそのひとつ。枠をかぶせて堆肥を載せておくと、隠れた部分が白く伸びて、いわゆる“白ウド”になる。
堆肥の上に芽が出てきたころを見計らって掘り出すと、写真のような感じ。今年は例年より成長が早いようだが、大きさはちょっと小ぶりだった。
さっそく“白ウド”を酢の物、葉はタラの芽といっしょに天ぷらに。とてもぜいたくな春の宵だ。
 
 
 
テープ起こし・編集のお問い合わせ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)